ANA大阪空港株式会社

ANA大阪空港株式会社

事業案内

オペレーション業務

運航支援(乗務員と飛行ルート・高度・燃料・天候などの確認)、作業工程管理、ロードコントロール(旅客・貨物などの重量・重心のバランス調整)などの業務を行います。安全確保と定刻出発を目指し、各部門と連携し、お客様視点を重視しながらその時々に応じた最適な判断を行います。

運航支援業務

  • 運航支援業務
  • 乗務員と打ち合わせをおこない、安全で快適に飛行できるルートや高度、気象状況などの情報を提供します。また、飛行中も常に天候や離着陸に関わる最新情報を乗務員へ提供し、安全で快適な空の旅を地上からサポートしています。

ロードコントロール業務

  • ロードコントロール業務
  • 航空機の重量およびバランス(重心)を管理するのがロードコントロール業務です。航空機自体の重量、搭乗されるお客様、手荷物・貨物、そして航空機燃料それぞれの重量から航空機の総重量を計算し、適切な位置に搭載されていることを総合的に調整・管理しています。

ハンドリングコントロール業務

  • ハンドリングコントロール業務
  • 航空機が到着してから出発するまでのすべての作業の時間と進捗管理をおこなうのが、ハンドリングコントロール業務です。定刻出発に向け、お客様の降機や貨物・手荷物の搭降載、客室清掃、燃料給油、お客様の搭乗などの時間を計算し、関係部署・担当者と緊密に連携して調整をおこないます。

空港オペレーションは総合力

  • AMC体制
  • 大阪国際空港では、オペレーションコントロール業務の担当者と、旅客・グランドハンドリング業務の責任者が同じフロアで業務をおこなう体制になっています。空港オペレーションに関わる全ての情報が集約され、常に最新の情報を全部門と共有し、状況に応じた最適な判断を迅速におこないます。365日、お客様に安全で快適な空の旅を提供する空港オペレーション機能の中枢を担っています。